W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ 11(はしがき)


気候が定まらぬ、

いや、何もかも定まらぬ

そんな日々が続きます。

さてさて 今だからこそ 未来に向かって学びましょうと・・・

これは三重県内の萬古焼の分布図です。

ページは、「はしがき」へと進みます。

(一)はしがき

 萬古焼について記すにあたって、関連の有無は省くとして、先ず北勢地方の製陶の事情をいささか遡って考えて見たい。

 三重県では、窯業の面では、歴史的に北勢の方がさかんである。「平家物語」卷一に、「伊勢瓶子(平民)は酢瓶(眇め)なりけり」とあるのは有名であるが、これによって平安末から鎌倉にかけて、伊勢瓶子なるものがポピュラー出会ったことは判る。しかし現在では、伊勢瓶子とはいかんるものk、不明である。

 一方、鈴鹿市稲生町の伊奈富神社に伝世の三足壺(三重県文化財)があるが、嘉禎二年(1236)の墨書銘がある。名古屋大学教授楢崎彰一氏に寄れば、作風から見てこの年代に相当のものであるが、窯については既知の何れの窯にも属さないもので、あるいはいわゆる伊勢窯ではないかという。

 

鈴鹿市付近には、三重県で最大の須恵器古墳址群があるので、伊勢瓶子をその後継者とみることは、この場合当を得たものであろう。かなりの時代にわたって伊勢瓶子を生産した窯、これをかりに伊勢窯と呼ぶとして、現在ではその正体はなお不明であるが、北勢の一画に製陶の巖たる事実のあったことは疑えないだろう。

 また室町以来発達した瀬戸茶人の中に、尾張と伊勢の境で焼かれた伊勢手と呼ばれるものがあると、茶方はいう。伊勢手春慶などというものがそれである。俗に伊勢窯ともいうが、前記伊勢窯とは、年代的にも隔たりがあり、異なるものである。

 さらに室町末期から江戸初期に渡る茶会記の類に、伊勢天目の名が散見され、伊勢産の天目かと考えられていた。しかしこれは「毛吹草」(松江重頼、寛永15年編)卷四の諸国名産の美濃の部に、「瀬戸焼物 伊勢天目ト云モ当国ヨリ出スト云」とあり、かつ当時伊勢山田の御師が年々美濃から天目その他の陶器を需用していた事実によって、伊勢天目と世上呼ばれていたことがわかった。

 先年松阪市松が崎の蒲生氏郷の城址から、一群の天目破片が発掘され、あるいは伊勢天目かと一時宣伝されたことがあったが、瀬戸天目によく似ていて、かつ焼成道具も発見されなかったので、やはり瀬戸天目かという結論に落ち着いたことがある。

 ついで江戸時代に入って、延宝六年(1678)に佐尾戸焼の陶祖森田久右衛門が書いた江戸旅日記の桑名の項に、次の記事が見えている。

  一、九月四日、安藤六左衛門殿より桑名焼物仕所手引被仰付、同道仕細工見物、井釜所見物仕申、但焼物師甚左衛門と申候。

  一、同 日、此時分之焼物ハ前やき申候桑名焼より悪敷出来仕候由、安藤六左衛門御咄、前やき申者ハ尾張より参焼申候、是ハ上手にて在之由御咄。  一、同 日、桑名焼仕候所ハ御城元廿五丁ほど有山中也、釜六つ有、薪松木、窯のやうたい京やきのことく(丸山和雄「森田久右衛門江戸日記」、「東洋陶磁」第5号)この記事によると、桑名にはすでに以前から窯があって、終わりの陶工が来て焼いていた。森田久右衛門が訪ねた延宝6年当時の陶工は甚左エ門であるが、これについては水谷英三氏の詳細な調査研究があるので、それによってその概略を紹介したい。

 甚左エ門、姓は岡本氏で、はじめ瓦師で桑名の納屋町に住したが、のち僧となって信行と号した。北別所の聖衆寺(真言宗醍醐派)に入って同寺を再興し、製陶に巧みなので、自ら陶土を持って阿弥陀坐像(天和二年戌八月二十九日信行隠士」銘(挿絵B))を造ったが、瓦製(箔押)なので俗に同寺も土佛さんと呼ばれてるいる。

遺品の主なものを挙げれば、青磁 狛犬一対(延宝四年奉寄進辰三月二十四日願主岡本甚左エ衞門」銘、桑名市走井山勧学寺蔵)、(挿絵D) 瓦製狛犬一対(延宝九年幸酉九月日信行キシン」銘、桑名市西別所神明神社蔵)、

染付錆絵徳利一対「信」印銘、同神社蔵)(挿絵 C) 銑釉菊唐草彫文徳利二対(「信」印銘、「貞享四年三月朔日信行自作」銘、桑名市江陽神社蔵)、

瓦製狛犬一対(宝永年中為岡本氏安全如意満足奉上御宝前、願主神」銘、同神社蔵)などがあり、なお珍奇なものに瓦製掛佛二個(多度伊東春夫氏蔵)があるが、千手観音(享保三年戌七月朔日仰蓮社一誉生阿良観信行七一歳拝作」銘)と如来像(「天照皇大神宮御身体奉初請仕当北別所村室性山椿守元禄二己巳九月十五日一誉信行さく」銘)である。

 心経の墓は聖衆寺にあり、その墓碑には「聖衆寺再興一誉信行墓」とあり、歿年は「享保一七子正月十七日八十五才」である。その作は信行焼、あるいは土仏焼、西県焼と呼ばれている。その窯跡は桑名東方の立坂神社跡に一部遺っており、窯道具が採取されている。

 この桑名焼の存在は、古萬古にとって年代的に近接している点からも注目されているもので、はじめ尾張の陶法を受けてはいるが、延宝当時にあっては、特に京窯の知見に富む森田久右衛門によって、陶窯の形式が京窯に似ると指摘されているのは、関心を払わざるを得ない。古萬古との直接の関連については、なお云為できないが、何らかの影響は考えてよいだろう。


Comments are closed.