W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

萬古焼の粋 特別展 18 お茶の時間 8


180

黒泥古銭貼急須 (昭和)

w104  d104  h90mm

 

187

紫泥土瓶<石州作>(小話)

w165  d90  h190mm

 

 

 

 

176 

紫泥三木型能面掘急須<白石作>(昭和)

w160  d155  h128mm

 

 

177

紫泥鉄鉢形幾何紋急須<芳山作>(昭和)

w142  d138  h65mm

 

 

 

191

南蛮手手捻り急須<二代目春山作>(昭和)

w100  d90  h75mm

 

192

南蛮手急須<秦山作>(昭和)

w95  d90  h60mm

 

193

紫泥朱泥「珍堂佳器」急須3点<暁山作他>

中央 w83  d85  h60mm

「珍堂佳器」とは、北大路魯山人経営の高級料亭。星岡茶寮の支配人、古美術研究家、文筆家の秦秀雄(号、珍堂)氏が提案、指導し、認めた急須に押された印銘。

 

展示会場で写した写真です。紋様もはっきりしないし、明暗が上手くない・・・・・申し訳ございません。

どうしても、特別展の雰囲気をお伝えしたくての結果です・・・・

一点づつの写真を、あらためてアップいたします。

 

 

 


Comments are closed.