W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ 2


四日市萬古焼史  満岡忠成著  

 

はじめに  四日市萬古焼史編纂実行委員長 安藤清軌

 やっと発刊の喜びを得るに至りました。紙上の都合もあって、貴重な資料も割愛せざるを得ない事情もございましたが、二百四十数年の歴史の中に、初めてその生い立ちから、現代に至るまでを纏めあげました。萬古焼は永い伝統の中にあって、二つの観点から焼き継がれていると思います。その一つは美術工芸品としての萬古焼。いま一つは生活必需品としての萬古焼。この二つの流れのあることを御理解下さって御覧願いたいと思います。

 その流れの中の歴代の逸品の数々を全部カラーで紹介いたしました。裏印迄も克明に表現し、現物を見て戴く如く、親しく皆様に感じ取って戴けるよう努力いたしました。この萬古焼の貴重な遺産を、この本一冊で展観して戴けると思います。

 初めて世に出た、この本を手にして、私自身只管感慨無量にならざるを得ません。長期に亘って馴れない作業に従事した我々も、やっと晴々とした気持ちです。どうかこの本を末永く座右の友として、可愛がって戴ければ幸いです。

 茲に完成を喜ぶと共に、絶大のご協力を賜った満岡忠成先生、水谷英三氏、他諸先生、先輩、並びに実行委員諸氏に深甚の謝意を表すると共に、今後益々四日市萬古焼が、永遠に発展してゆくことを願ってやみません。

昭和五十四年十一月  文化の日

 

 

発刊に際して   四日市市長 加藤寛嗣

 

 本市を代表する地場産業の萬古焼は、今から、240数年前に沼波弄山が創始し、それには茶陶が多く、赤絵に優れており、永久に伝わるべき作品として「萬古不易」の印を押したのが起源と言われております。

 弄山を始めとする先人・先輩方の今日に至るまでの各々の研究と工夫によって育て上げられた独特の個性を持つ萬古焼は四日市の代表的な特産品として大衆の暮らしに密着した実用品はもとより、美術品としても広く愛好され親しまれてきましたし、目ざましい高度経済成長によって国民の生活様式は一変し、国民の志向が徐々に多様化・高級化へと移行する中で、伝統あるものを求める心も根強く、こうした背景から、古くから伝わる伝統産業の振興を図り、国民経済の健全な発展に資するため、昭和四十九年に「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」が施行され、昭和五十四年一月「四日市萬古焼」として伝統的工芸品の指定を受けたことは、伝統ある技術技法の伝承と、後継者を養成しつつ、萬古焼の永久的発展を図る上で誠に意義あることと考えること所であります。

 時代の流れとともに埋もれゆく萬古史実が、伝統的工芸品として指定された記念すべき年に、業界の方々の熱意と関係各位のご協力により、陶祖・弄山より現代に至る萬古の歴史をここに編纂し、「四日市萬古焼史」として刊行されたことに対し心からの敬意を表すると同時に全国の方々に地場産業萬古焼を紹介できますことは、業界振興の上に時宣を得たものであり、各方面において、広く多くの方々にご活用いただくものと確信いたす次第です。

 業界におかれましては、この 「四日市萬古焼史 」発刊を契機として、誇りある萬古焼づくりにより一層邁進され、地域経済の発展に寄与されんことを祈念して、発刊に際してのことばとします。

昭和五十四年十一月

 

 

 

発刊を祝い   丹羽文雄

 

 四日市しの嵩顕寺に生まれた私は、幼い頃から萬古焼になじんできた。紫檀色をした、薄くて堅い急須や茶碗であった。使い込めば使うほど人間の肌の匂いがしみこんでいくような感触をもっていた。その原料がどこから来るのか知らなかったが、垂坂山の山土であることが教えられた。垂坂山の土は密度が濃くて、粘りがあって小学生の私は滑って転んだ記憶がある。赤味をまじえた黄色の土であった。

 古萬古と新萬古の2種があるが、現在の萬古焼は新しい原料を使い、高度な技術で様々な陶磁器を生産している。

 萬古焼が国の伝統工芸品に指定され、名前も「四日市萬古焼」と改称することになった。大辞典によると、伊勢国桑名・四日市附近より製出される陶器と注があるが、元文元年(1736)沼波弄山によって開窯されたと言われている。今回の資料収集によって種々新しい事実も判り、四日市萬古焼史が編纂されることになった。

 郷土の歴史的事実が、史書によって永久に残ることになった。郷土のひとりとして大きな喜びである。

昭和五十四年十一月


Comments are closed.