W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ 3


四日市萬古焼史  満岡忠成著 3

 

発刊の言葉の次ページは、目次です

そして鮮やかな盛盞瓶の姿が目に入ってきます。

 

1  古萬古(江戸中期) 赤絵竜文盛盞瓶<高さ25cm>

 

 

 

 

 

 

2 古萬古(江戸中期) 赤絵窓山水盛盞瓶<高さ16cm>

 

 

 

 

 

 

3古萬古(江戸中期)  赤絵霊鳥文盛盞瓶 <高さ17cm>

 

 

 

 

 

 

4 古萬古(江戸中期) 赤絵窓山水文銚子<高さ14cm>

 

 

 

 

 

 

 

 

5 古萬古(江戸中期) 青磁藍繪牛文銚子<高さ17cm>

 

 

 

 

 

 

 

 

6 古萬古(江戸中期)赤絵麒麟文花生<高さ29cm>

 

 

 

 

 

 

7 小判こ(江戸中期)赤絵斗雞雪輪手鉢<巾24.5cm>

 

 

 

 

 

 

8 古萬古(江戸中期) 赤絵窓山水文雪輪鉢<巾20cm>

 

 

 

 

 

 

9 古萬古(江戸中期)  赤絵唐兒象文小鉢<高さ8.5cm>

 

 

 

 

 

 

 

10 古萬古(江戸中期)青磁赤絵手付盃<高さ4cm>  赤絵手付盃<高さ5cm>

 

 

カラー写真は60点掲載です。

ゆっくりと楽しんでいます。製品名の付け方とか、色々想像をたくましくしています。

 

 

 

 


Comments are closed.