W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ28(八)四日市萬古焼4      四日市港開港と川村又助2


 

 伊勢、尾張、三河等の伊勢湾付近は勿論、伊賀、美濃、越前、飛騨、近江、山城及摂津、河内、和泉の東部の各地方から京浜及東北地方に出入りする旅人や荷物は総て四日市港を通過すると言う盛況であった。当時流行した俗謡に次の様なものがある。

 会いわせんだか 遠州灘で       

       日本マストの貫効丸

明治八年、三菱汽船会社が伊勢湾と東京・横浜との航海事情を開始するに当たり、其の根拠地を四井の地勢、各般の状況を顧慮の結果、四日市港と決めた。

 一方、四日市の篤志家、稲葉三右衛門は、四日市港が安政の震災により、水深が浅くなっていることを案じ、明治五年十一月、四日市港改築の事を発起した。紆余曲折、辛苦奮斗の結果、明治十四年に至理、其の業を成就したのである。

 かくて、名実ともに伊勢湾最良の港湾として其の真価を発揮することとなったのである。

 商工業の発達は、運輸交通の便に俟つことは言うまでもない。四日市は幸いな事にこの好条件を具備して居た。其の四日市に発祥した四日市萬古焼は他所の萬古焼に比べ、変革を処するに有利であった。とは言え、座して無為であれば果報はやって来るものではない。

 そんな状況の中で維新前には藥の行商人として、全国を巡回して居た辣腕家の川村又助が明治八年、萬古陶器問屋を開業した。(挿絵15)

 

 

  これは販売の捗しくない為苦慮していた四日市萬古焼の窯元諸家の懇請によるものと言われている。

   川村又助は天保十四年(1843年)六月に三重郡小古曽村(現四日市市小古曽町)に生まれた。

 彼は幼い頃から薬屋に奉公に出た。薬屋に奉公している時、本居、平田らの国学に興味を抱き勉強、其の学説の尊信者となった。勤王の志を抱いていた彼は売薬行商に名を借りて、列藩の志士の間を奔走した模様である。この時の彼の経験は、全国の地理状況判断に大いに役立った。また、彼の勤王の心情は、あとあとまでも持ち続けられ、人々に皇国君臣大義を説いて止まなかったと、古い伝記には記されている。

 維新後は、薬種商を離れて、空前の賑わいを呈している四日市港に目を付け、四日市の町の真ん中で、時計、貴金属の販売をしていたという。輸出商でもあったというのであるが、当時として、時代の先端を行く商人であった。彼は商品知識が豊富で、しかも人柄が誠実であったため、取引先から絶大な信用を得ていた。

 当時の四日市における萬古焼の産額は、一ケ年六阡円程であった。その販路も東京に二、三、これを扱う商品がある他は、座して仕入れ商人の来るのを待つだけと言う状況であり、四日市に集まって来る旅客への販売に頼っていたのである。開窯時における出費の重なりも、これにプラスしてどの窯元も財政状態は火の車出会った。又助は、窯元の製品を一手に引き受け、東奔西走して販路の拡張に尽力した。

 又助は、自ら四日市萬古焼を篭に入れて、天秤棒で担ぎ、徒歩で信州から関東まで行商に出かけた。京阪地方へは、四日市港から航路を利用して荷物を送り届け、その先はやはり徒歩運搬であった。

 又助は商売上手で、客に四日市萬古焼をすすめるのに次の様な説明をしたと言う。

 「四日市の萬古焼の原料は、少量の金粉を混ぜてあります。その為、色合いは落ち着いていて叩くと出る音響は得も言えぬ珍重なものです。これを使って茶をたてて味わってください。味覚は格別で、これを常用すると長生きができます。使っている間に万一誤まって破損してしまった時は、決してその破片を捨てないで大事に保管しておいて下さい。次にお邪魔した時、その破片を高価に引き取らせて頂きます。破片は持ち帰って粉末にして再度使いますから。」

この真しやかな説明を裏付ける様、実際に相当額で破片を買い取ったと言う。科学の知識の薄い、当時の純朴な客に対し、四日市萬古焼を高価に売り、四日市萬古焼の声価を高めんとする一石二鳥の彼の商才であった。

 セールスマン又助の面目躍如たるものがある。

 又助は、もともと萬古焼の海外輸出を目指していた。創業日が浅く、資金も充分ではなかったにも拘らず、横浜、神戸に度々出張して、海外市場の調査を怠らなかった。家び帰れば見本の研究製作に余念がなかった。

 その当時又助は、四日市港に入って来る船の外人旅客や船員に四日市萬古焼を売らんが為、港の人力車夫の詰所に至、車夫達に小遣い銭を渡して外人を人力車に乗せた場合は、必ず川村の店へ立ち寄らせる様仕組んだ。                 やってきた外人には、畳敷きの店の中へ土足で自由に上がらせ、四日市萬古焼を土産ものとして買わせたのである。こうすることで、外人の趣味、嗜好を察知し、のちの貿易の手掛かりとしたのである。

 ちょうどその年、米国のフィラデルフィアで萬国博覧会が開かれた。米国に出張していた佐藤作太郎氏が帰国したのを知り、氏を訪ねて彼地の実情を詳しくたづね、四日市萬古焼の見本を米国に送る事が出来た。これが、海外へ見本を出した初めてである。

 この又助の努力により、販路が開けた四日市萬古焼は需要が増えるに伴い、粗製乱造に走るものが多くなった。これでは、せっかくの努力も返って悪結果をもたらす事を憂い、同業者と協議を重ね、その矯正の策を講ずるとともに、自らも製造に着手したのである。明治九年のことである。 

 


Comments are closed.