W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

第45回 ばんこの里体験講座 ご報告


 

ひさしぶりの秋晴れに恵まれた土曜日。ばんこの里会館では 第45回ばんこの里体験講座が行われました。

定員オーバーで、ちょっと手狭な感じでしたが、とても楽しく、美味しい、お腹いっぱいの講座でした。

受講してくださった皆様、ありがとうございました。

テーマは、

ウオーターリッド(節水土鍋)でおもてなし料理をつくろう!

講師は にじいろ堂チーフシェフ 舘 美代子氏

この体験講座は、基本 1時間で調理体験をし、1時間でランチをいただき、アンケートに答えていただくという流れで進みます。

調理体験中、たとえば、今回のシチューの野菜を煮込んでいる、その手の空いた時間には、その講座で使用している 萬古焼耐熱調理器の窯元さんのレクチャーがあります。

使用したのは、 ウオーターリッド鍋。

窯元である、竹政製陶所の竹内代表取締役社長から、ウオーターリッド開発のお話を聞くことができました。

 

節水土鍋ですので、タマネギを一番底に、にんじん、ジャガイモ、鶏肉の順にお水は加えず、加熱、

上の写真は みずからの水分で柔らかくなった具材を混ぜているところです。

出来上がったシチューです。

豆乳シチューなので、お野菜の水分にプラス豆乳150CC。

6人分です。

さっぱりとした、美味しいシチューでした。

 

もうひとつの鍋では、 洋風チャーシューと名付けた 豚肉料理。

アンケートでは、こちらのほうが、オイシカッタ のお声が多かったようです。

 

ランチの出来上がりです。

ゆで卵も、萬古焼耐熱調理器ならではの作り方で、簡単エコでした。

左手前の一品は、アップしますと

 

こんな風な、門松に模したおもてなし料理。

手前は、にんじんの細切りを、薄い大根で巻いたサラダ。紅白でおめでたい。

後ろにたっているのは、牛肉のアスパラ巻き、でこれが門松。

可愛いですよね。

ちょっと、箸をつけるのに、躊躇しちゃいました。

 

でも、何度も言っちゃいますが、萬古焼耐熱陶磁器、調理器ってスゴイです。

体験講座は、毎月開催しております。

 

作る体験。食べる体験。それも、受講生仲間と一緒の体験です。

どうぞ、みなさまもご参加下さいませ。

お腹いっぱいになって・・・・・のグランマでした。

 


Comments are closed.