W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

萬古焼の粋 特別展 27 産業、今、萬古焼の地で


現在、萬古焼は四日市市を中心に近隣の市町で色々な製品が作られている。国内生産の80%以上のシェアを占める土鍋はもちろんのこと、多種多様な耐熱の器や、近年海外からの需用も増えている急須など、オートメーション生産の大規模な工場から、一品づつ手仕事による生産の個人工房まで、規模も製造量も様々である。

他にも、この萬古焼の地で電気調理器の部品や医療用品などに関わる特殊な製品の型など、萬古焼ブランドとは表わしていないが多種多様な焼き物が作られている。今もこの地では、作る人、商う人、大勢の人たちが携わりながら萬古焼を支えている。

328 壁面

耐熱機器部品<ミヤオカンパニー製>(平成)

w324 h45mm

 

329 

耐熱機器部品<ミヤオカンパニー製>

左 角プレート(オーブンレンジプレート)(平成)

w376  d308 h35mm

右 円プレート(電子レンジプレート)(平成)

340  h23mm

 

 

 

 

333

IH炊飯器内釜 蓋付(左5.5合 右3.5合)(ミヤオカンパニー製)(平成)

左 225  h120    右 200  h105mm

これは大手家電メーカーのIH炊飯器の内釜。萬古焼業界が長年培ってきた耐熱陶器のノウハウを、様々な条件や高い精度が求められる電化製品に組み合わせて製品を作り出すことが出来るメーカーの技術力は凄い。

 

 

 

 

334 ゴム製品製造型<シンコー製>(平成)

大 w180 d135 h560mm 

主に医療用や家庭用ゴム製品を製造する為の型。その昔、テーブルウエアで有名なドイツのローゼンタール社などでもよくこのようなゴム製手袋の型が作られていた。世界的に見ても大変珍しく、世界に誇れる技術、物が萬古焼の地で今現在、作られていることは嬉しい限りだ。


Comments are closed.