W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

花器展 ご紹介 9 プラス


まだ梅雨前線は、日本を覆っていますが、今は束の間の晴れ間です。

晴れ間が少しでも多くと、願ってやみません。

 

さて 花器展のご紹介も今回でラストです。

 

 

      

 

8,800円

8cm       20cm       13cm

 

 

 

 

 

 

 

 三位陶苑

稲垣太津男

12,000円

 

 

 

 

 

 

*******************************

 

 

 

 

今回の花器展は、会期中に多少の差し替えなどございましたが、このような出展でございました。

ご案内の1、2、3で、せっかくの花器なので花を添えてと、ちょうど咲き始めていました紫陽花を添えさせていただきました。

以前の写真と重複いたすものもございますが、花器展 最後のお知らせ  付録を少々。

 

 

15年もの隅田の花火です。

花器はもちろん萬古焼です。

新しい作品

お気づきになられた方もいらっしゃるかと思います。

ご紹介 2に登場の

いにしえ花入 三位陶苑 稲垣竜一さん作

兄弟姉妹にあたるかと

私は思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも萬古焼

かなり以前にいただいたものです。

 

これからも私が普段使っている萬古焼を

使っているままにこんな形でお知らせするのも

楽しいなあ、と思っています。

 

 

こちらも萬古焼

黒田幸楽さんの作品です。

こちらも、我が家にて20年は経っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも萬古焼です。

伊藤実山さん 作

確か先生の受賞記念展示会の時に。

 

 

 

 

 

 

 

これも萬古焼、と言ってもいいですか??

15年前に作った自作!!

形はともかくこの投げやりな図柄は???

自分でも訳がわかりません。

お恥ずかしい限りですが、日常的に花入れをしていますと、愛着が・・・

お笑いくださいませ


Comments are closed.