W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ 13(二)古萬古 続


 前記 「由緒書」中に「江戸の業処」と記されているのは、沼波家の江戸出店のことで、今川橋にあり、弄山時代になって主に萬古焼の陶器問屋を営んだ。

伊勢小向の窯の小梅築窯後の消息を伝えるものとして、若干の資料がある。同所の小向神社に奉納されている二対の瓶子があるが、其の一対は緑釉がかけられ、波に鴛鴦の窓絵で、片側に「奉献 家内安全氏子安全 平賀氏」と書かれ、高台内面に「安永十丑初夏 陶師瑞牙製」と書かれ、他の一対は銅青磁で楼閣山水の窓絵が施され、片側に「奉献 氏子安全 若もの中」と書かれ、高台は何も欠けていて、底面の「安永十丑初夏」の書名が存するのみだが、書体は前記一対のものと同様で、もち論瑞牙の書いたものと見られる。次に東京古川家所蔵のものに「天明元 辛丑 中秋日 朝明郡星川 瑞牙制」の書銘がある。又小向の後藤家所蔵の御酒徳利には、「天明二寅歳 朝明星川 瑞牙制」の書銘がある。(朝明は旧郡名で現在は三重郡に編入されている。)なおこれは後藤家が当時瑞牙に依頼して自家用に製作させたもので、胴部には同家の鶴丸の紋章が赤で描かれている。(挿絵 G)

すなわちこれによって、当時瑞牙が小向の窯のある星川の辺で製陶していたことは明らかであるが、彼と弄山の関係に次いては、弄山の弟子とも、あるいは弄山の弟とも言われている。しかし弄山の血縁について調べても、桑名太一丸の山田彦左衛門妻と、白子の竹口如林妻の二人の妹しかいないので、やはり弄山の弟子と謂うことになる。瑞牙はのちに津で安東焼に携わったと言われる。

古萬古はがんらい小向の名谷山(めんたにやま)の土を使ったが、向島小梅の窯でも陶土はわざわざ桑名から運ばしていた。それがしぜん高価にした原因の一つでもあると謂う。

 次に古萬古の陶法であるが、要するに京焼のことに古清水の影響を濃く受けていると謂うことができる。(挿絵 H)

古清水の中に、時々ハッと古萬古かと見紛うものに出くわすことがよくある。白掛けのあるもののも、古清水とよく似ている。白掛けは、もとはと言えば、乾山が伝書で言っているように、彼が京焼ではじめて広めたものである。

 乾山といえば、乾山の釉法を伝えた「陶器密法書」の跋文に次のようにあるので、参考までに記してみる。(原文は漢文)

 右陶器伝法の書は、御室乾山工風の藥法なり。(中略)弟子に清吾なる者あり。又妙手なり。乾山役法を悉く自書し、以って清吾に授く。又萬古の祖、姓は沼波、吾左衛門と称し、弄山と号す。千如心斎の門人にして、茶道を好む。洛の旅亭に於いて清吾と交わり厚し。離別の期に臨み、乾山自筆の書を懇望して、以って還る。弄山業ますます進む。尚ほ工風を加えて、終に萬古一流の業を開き、普く最も世に鳴る。子に至って既に三世なり。今将に尊命によって黙止し難く、自書伝法の一冊を写して、以って呈上し奉るる。爰に於て其事を撮って巻末に記し畢。  寛政四壬子夏五月 萬古堂三世 浅芽隠士三阿誌

「御室乾山」とは、初代乾山とは別人の、御室に住んでやはり乾山を名乗った陶工で、作品に「御室乾山」の銘印を捺した。私も亀香合、蓋置きなど見たことがある。萬古堂三世浅茅生隠士三阿と謂う人物も、一向に聞かない人物で、要するに不審の文書であるが、乾山の陶法をうけているという点では異論がない。

 弄山の作陶がはじめ、茶人の手すさびから発しているので、ことに当初の者には、楽、唐津、伊賀、志野、織部など、種々の写し物が多かった。茶人の間で好評を博したというが、仲々素人離れがしていて、アマとしては上乗である。御大家の旦那芸の域を脱している。(写真14、15)

写真 14  古萬古(江戸中期)

       交趾写亀香合       丹波写蓋置き

写真 15  古萬古(江戸中期)

信楽写瓢箪水指

此の種の茶陶の写し物には、主に弄山自身の作が多かったかと思われるが、古萬古独特といわれる精巧な盛盞瓶は、おそらくベテランの投稿によるものだろう。(写真1、2、3)

写真1 古萬古8江戸中期)

赤絵竜文盛盞瓶

写真2 古萬古(江戸中期)

赤絵窓山水文盛盞瓶

写真3 古萬古(江戸中期)

赤絵霊鳥文盛盞瓶

京焼でも盛盞瓶は余り見かけないし、稀にあっても旨くない。輪花の雪輪鉢も、古萬古特有のものだろう。(写真7、8)

写真 7  古萬古(江戸中期

赤絵雉文雪輪手鉢

赤絵は古萬古の特色で、手法においては京焼と通じているが、意匠の上では異なった印象を与える。ふつう窓絵は通例の中国風な楼閣山水文様であるが、周囲の地紋を更紗文様で埋めている場合が多い。また花更紗を大きく主文にしたのもある。それが何か異国情調を漂わせて、従来の国焼陶器には見られない魅力を人々に与える。安永、天明の頃には、「華布(さらさ)便覧」とか「更紗図譜」とか、更紗の図案集が出て世に迎えられたが、此の新奇な文様を陶器にとりいれた斬新さが好評を博したようである。

 八代将軍吉宗が洋書の禁を緩めてから、世上のいわゆる紅毛趣味は一段と盛んになったが、平賀源内なども大いにその熱を鼓吹した代表的なもので、弄山も当時の教養ある文化人としてその影響をうけたものと思われる。更紗趣味もその一端であるが、またモチイフとして洋花とか、鸚鵡、象、獅子なども取材され、また器形にも異国趣味が取り上げられた。(写真9、10、11)

写真9 古萬古(江戸中期)

赤絵唐兒文小鉢

写真10 古萬古(江戸中期)

 青磁赤絵手付盃  赤絵手付盃


Comments are closed.