W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ30  (八)四日市萬古焼 5萬古組合の設立から明治末年まで(明治後半の四日市萬古焼の推移)


 明治15年ごろから、四日市の萬古焼業者も次第に増加して来た。その為の同業者間の不当な競争から、同業者間に確執が生じた。これを解き、協力して仕入れ、販売の情報を交換し、業者の専製権や専売権の規定を定め、業者の利益擁護と業界が一体となって粗製濫造をする悪弊を矯正して、進んで製品の質の昂上進歩を計ろうと言う見地から、業界の統制が必要となって来た。

 明治18年(1885年)、川村又助は堀友直、森欽太郎(森庄吉二代目)などの有力者とともに同業組合準則の発布に基づき万古陶磁器商工組合を組織した。

 組合長に川村又助、副組合長に堀友直が就任した。

 ここに四日市萬古焼も一つの地方産業としての形態を確立したのである。、明治11年に世を去った先覚者山中忠左衛門の目指した地場産業としての四日市萬古焼の定着は実現したのである。

 川村又助は、明治21年より投稿の技術奨励の目的にて研究会を作った。毎月一回自家の陶工を集めて、その作品を陳列させて、互いにその優劣を批判させた。鑑別の上優秀なものには賞金を与えた。陶工の製作意欲と技巧の練磨に役するところ大であった。この研究会の中から新しい技術による作品が色々と生まれたのである。これは明治29年まで続けられた。

 また、川村又助は組合にも品評会を設けて四日市萬古焼の進歩を促した。また同業者の模範工場を建てようと考え、資金を他に求めず、又助一族と、それまで働いていた陶工らの資金を集めて、明治33年1月、末永に合資会社川村組陶器製造場を設立した。新しい組織の(資)川村組の工場は十四、五人の陶工にて土瓶、灰皿、玩具、装飾品等を生産して、主にアメリカに輸出していた。とにかく、今まで無かった四日市萬古焼の新工場は同業者の手本となり、これを参考として新設、改築するものもあった。

 堀友直は武士の風格を持った人で、鼻の高い風貌は「天狗さん」のあだ名をもち人々に畏敬されていた。一時垂坂山を所有していたので、垂坂山を彼の名前大六良をとって大六山と言われていた。その人格により、明治24年三重郡海蔵村(現四日市し海蔵町)の村制実施に伴い初代村長となった。明治27年、六十八歳で病没した。

 川村又助は、大正7年、七十六歳まで長生きをした。

 川村又助も、堀友直も、共に真珠翁御木本幸吉氏と交遊があった。又助は全盛期に御木本氏の援助もしたと言う。

 彼らはいろいろの公職に就き、四日市萬古焼業界の地位を高めたのである。

 明治二十年ごろの窯屋は、北は三ツ谷、水車、太鼓町、川原町、鳥居町と東海道筋に集中し、生地師もその近辺に散財していた。原料商は羽津に多く、阿倉川方面には窯屋はのちに記す理由から無かったが、農家の副業や専業の型萬古による生地師がいたのみと言う分布であった。

 当時四日市港による海運の便は業界に随分と利益をもたらした。だが、海運によれない信州、上州、越後等の内陸部へは、依然として製品と紙包みして浅い篭に詰め、天秤棒で担って徒歩で運搬していた。当時神戸まで製品と運搬するためには、東海道を西へ鈴鹿峠を越えて遠く大阪まで行くか、東海道を東へ、桑名、大垣、京都、伏見に至り、伏見から舟で淀川を下って大阪、神戸へ人夫を雇って天秤棒で担がせたり、背中に背負わせたと言う。天候の加減で遅れたりはするが、普通とほで十日前後の日数を要したそうである。

 明治22年7月、東海道線の開通、同年12月関西鉄道(株)による四日市〜草津間の鉄道の創設、明治27年7月、四日市〜桑名間、明治28年5月、桑名〜名古屋間、更に、程なく柘植〜大阪間が開通するに及び鉄道の便は完うされた。

 四日市萬古焼も、鉄道による輸送ができるようになると、当然これに依るようになり、販売方法も今までとは違い、見本を持参して注文を取り、注文品を鉄道便で送りつけるというこ事になった。能率の比は問題ではなく、商売も活発になった。

 その頃、四日市萬古焼の人気の大きな要因であったところの垂坂山の白土が枯渇しかかっていた。この白土は他国の土に比べ粘度が高く、緻密で製品が堅牢であった。白土が少なくなると主力を豊富な埋蔵のある赤土に依存するようになった。白土の方は瀬戸、美濃方面のものを移入して使ったが、緻密さに欠けるため施釉する事となった。(挿絵19)

 

赤土は手捻りは勿論、木型作りにも不向きなため、ロクロに依る成形が流行して来た。

 同じ頃、(明治23年頃と伝えられる)四日市萬古焼の窯屋、問屋のほとんどが警察に呼び出しを受けた。願出人は美濃赤坂の清水勇助出会った。彼は赤坂で温故焼を安政六年に創めた清水平七の弟で石僊と名乗った陶家であった。彼の訴えは先に発布された日本専売法に依る商標に関してであったと言う。この争いは、長い間続いたようである。その内容には二説がある。「萬古」と言う名称の使用であるという説と「温故」という商号であったと言う説である。「萬古」のみの商号であれば主客を取り違えた話であり、「温故」であれば四日市萬古焼の方でも、これを使用していた事となる。その時不思議な事に、四日市萬古焼の老舗山忠へは呼び出しがなかった。それは当然であった。山中忠左衛門のところへ勇助は明治以前に修行に来ていたのである。その時の恩義によるものであったろう。山忠には、勇助の古い書付けや、噐地の控へ帳が残っており、これを山忠より提出することにより訴訟は決着したのであった。(挿絵20)

 

 

 

 

 

 

この勇助が、山忠にあった時、兄より伝習したロクロによる急須作りの方を、四日市萬古焼に伝えたものと思われる。もともと、このほうは、兄の平七が同じく幕末に有節の所へ来て有節とともに編み出したものではなかろうか。(赤坂側の記録より推論す)

 このロクロ作りの法による赤土急須は需要も多く人気も上々であった。生産の転換のあったのは当然である。(挿絵21)

 

ここにその結果を顕すデーターを示す。

 製品の内容  明治初年〜三十年(三十年間)

 一、木型作り品     70%

 二、手捻り 品     15%  

 三、ロクロ作り品    15%

 

         明治三十年〜明治四十五年

 一、木型作り 品     30%

 二、手捻り作品       5%

 三、ロクロ作り品     65%

 

 

 明治二十年ごろから創始以来の高級品の他に一般大衆向けの製品が次第に増加してきた。

 明治十四、五年に、美濃の土岐津から煎茶盌、湯呑等の製法と平物ロクロの法を持つ水野勝造らが四日市に移ってきており、明治二十年には常滑朱泥急須のロクロ技法が石川寅吉らによってもたらされていた。

 しかも明治二十七、八年頃には伊賀から宮田小右衛門、宮田寅吉らが移住してきた。彼らは四日市の販売能力に期待してやってきたのである。伊賀の人達は四日市萬古焼になかったところのロクロによる大型土瓶等の伊賀焼きの技法を四日市萬古焼の中に導入したのである。

 

5明治末まで 次回に続く 

 

 

 

 

 


Comments are closed.