W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ31 (八)四日市萬古焼 5萬古組合の設立から明治末年まで 2


前回に続きます。

従来からの信楽のロクロ法に、赤坂、土岐津、常滑、伊賀の法が加わってロクロの法は完全なものとなった。従って、製品の内容、質も滝多彩となってきた。

 窯も登り窯ながら煙突のあるものが多くなり、窯の数も明治末年には三十数基を数えるようになった。しかし、相変わらず中心は川原町方面であり、農家の多い阿倉川地区は、やっと四、五基の窯があったのみである。

 元来、阿倉川、羽津地区は農業地帯である為、平坦な低地帯の川原町地区より丘陵地があるので、登り窯の築造の理にかなっており、しかも陶土の産出地垂坂山を抱えているにも拘らず、農家の反対が厳しく築窯は容易では無かった。この地区も明治維新に当たり、転換をしなければならなかった住民は多かった。彼等は、早くから生地の製造の途を選んでいた。陶土は、羽津別名の赤土粘土を採って自宅で処理して杯土を作り、型萬古を成形していたのである。

 明治三十二年に至り、田中音吉が立石に窯を作ったのが始まりで、同三十五年には竹内政吉、同三十九年木村周造が築造してから状況は変わってきた。相次ぐ農家の転業には、地区としてのクレームの鉾先も鈍ったのである。とは言え、色々な制約があった。

 稲の出穂期及び蚕の上簇期には、窯止めを命ぜられた。築窯の場合、隣接地の商人は絶対条件であり、毎年の承諾料の支払いも附帯義務であった。

 明治末年になると、四日市萬古焼の窯焚きの技術も熟練して、ほとんど失敗がなくなってきた。従って営業採算も安定してきた。必然的に業者間の競争が激しくなってきて、新規の考案によるヒットを狙う余り、他業者の製粉の模造による紛争が絶えなかった。

 新しい意匠の創案、新しい技法の開発を図る目的で組合内に再製専売の法が定められた。

 この製度を巧みに利用して莫大な利益を上げた者たちもあった。

     田中百桑  の  二重金

     川村又助  の  友禅

     生川善作  の  ヨラズサワラズ

     太田寅吉  の  栗皮

等は有名である。

  この当時の四日市萬古焼は、一貫生産をするものは少なく、土屋、厘鉢屋、生地屋、窯屋、画工、荷造師などが、それぞれ零細な家内工業の形態の分業であった。

 四日市萬古焼の内需の主力は煎茶器であった。その販路は信州、上州から関東方面が多く、得意先もこの方面に集中していた、これらの地方は養蚕、製糸が盛んであり、生糸の景気如何が直ちに四日市萬古焼の景気に反映した。国際相場に左右される生糸は、時として大暴落を来す事があった。こんな時、四日市萬古焼は火の消えたような状況を呈したのである。

 そんな頃、益田佐造の息子のロクロ師仙吉が、こんなざれ歌を作った。

     値下げして 賈ひの少ない 温故なら

        (ロクロ師圦山開之助)(温故=ロクロ萬古)

     たとやその日は 桑之氶でも

         (ロクロ師桑之氶=喰わん)

     ひかんがました  仙吉か

         (ロクロを挽くがまし=悲感が増す=益田)

 如何にも当時の不景気と職人の気質、心情を表していて面白いと思う。

 当時のロクロ師は赤坂の温故や、関(現鈴鹿郡関町)の萬古へ一度は出かけたという事である。

 関萬古とは鳥居町の中島伊三郎と型萬古師の伊藤清太郎が移したものであるが暫くで廃絶している。

 赤坂へ出かけたロクロ師は、ロクロ技を習ってきた者も多かったが、中には、牧石香、藤岡弥右衛門等、赤坂で開業した者もあった。こんな関係から、「おんこ」と、四日市では今だに呼んでいるのである。

 当時の陶工は、三〜五年の年季を親方と結んで技術を修得した。この年季契約は離職、逃亡を防ぐ為、連帯保証人を立て、違約に厳しい証文を入れていたのである。徒弟制度である。年明けの陶工の賃金は生地工が最も低く、ロクロ工が最も高かった。生地工の賃金は、日雇い人夫のそれとほとんど変わらなかったと言う。

  各種の分業者はそれぞれ同業組合を結成して、景気、不景気で価格が変動した時、これに対処出来るよう団結していた。その中でも、生地屋と窯屋との間の争いは最も激しかった。毎年の行事のように、夏枯れ(六月より九月までは特に売行が不振であった)時は必ず争議を起こしたものである。団体交渉に始まり、結末を得られない場合は、最後の手段として荷止めをした。一ヶ月も二ヶ月も生地業者全部が休業して、窯屋と争った事も度々であった。窯屋との心棒比べである。この期間中、違反者の出ることを慮り罰則をもうけたが、ほとんど離反するものが無かったと言う。また窯やも、生地屋同様、問屋に対して固結して交渉し、窯の度数の制限をしたり、窯止め、荷止めの行為に出た事もあった。時には、生地屋組合が窯を築いたり、窯屋組合が生地の生産を行ったり、問屋事業に手を出したりして長期の争議に対処した。

  生地屋が共同して築いた窯は、持久戦にそなえると共に窯屋に対する強力な武器であった。笹岡伊三郎の如きは、この窯を継承して窯屋となった。イデオロギーによる争議とは異なり、萬古焼分業者の自衛のための所爲出会った。そのころの業界は一、二の例外を除き、生地屋も窯屋も問屋も、資力の程度に余り差がなかったので、争議がエスカレートしたものと思われる。これも四日市萬古焼発展の一道程であった。

  販売の主役である四日市萬古焼の問屋の活躍しても目覚ましいものがあった。明治四十年五月発行の「四日市志」に当時の主たる問屋として次の人達が掲げられている。

    中町    川村組      川原町    森欽太郎      

    浜田    伊藤孝三     川原町    藤本多郎

    川原町   小林政吉     川原町    伊藤傳三郎

 幕末に殷賑を極めた桑名萬古も時勢に抗しきれず、明治期にはほとんど四日市萬古焼に吸収されたのである。

 四日市萬古焼の生産は、明治末年にはおおよそ十八万円と上昇したのであるが、その生産額を全国的に見る時四日市萬古焼は有名であるにも拘らず、全国陶磁器総生産額に対する割合は、わずか2パーセント前後に過ぎなかった。これでは陶業地として一流とは言えない。何か画期的な方策を講じて飛躍的な生産の増大を計り、行き詰まっている現況を打破しなければと業界は考えていた。水谷寅次郎による「大正焼」出現の前夜であった。

 

 


Comments are closed.