W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

山法師 開花


 

朝、と言っても私の出勤時間は限りなくお昼に近く・・・

でも、本日はいつもよりちょっぴり早め。

昨日、玄関横の2本の山法師が満開で、見とれたもので、写真をと思っての出勤にいたしました。

駐車して、玄関に向かうときに、萬古神社の前を通ります。

手を合わせて礼をするのはいつものことですが、境内の様子がいつもと違う。

ので、パシャ!!

明日の大祭のためのお掃除が終わり、準備が整ったところのようでした。

__

 

 

山法師・・・私はこの白い花の名前と姿を認知したのは、この会館に通うようになってからです。

開花時期が同じ属のハナミズキに比べると遅く、葉が出揃ってからの開花なので、その分派手さがない、と記されています。2014年、初めて山法師の花を見て、すぐに、名前を調べ、理りを調べました。

美しい。 

と、思いました。葉と花の在りようも美しいと、いっぺんにファンになりました。

 

白く花のように見えるのは、実は、花ではなく、総苞片(花の付け根の葉)だそうです。

果実は8月から9月にかけて、紅橙色に熟して、果肉は粘質で甘く、生色できるのだそうです。

今年は、果肉に、チャレンジしてみようかな・・・

 

 

 

 

 


Comments are closed.