W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

萬古焼の粋 特別展 伊勢の地の萬古焼 2 古安東


 

阿漕焼  色絵後手急須  色絵花文盃  鳶口徳利  色絵輪花鉢

 

古安東が廃窯した後、嘉永年間(1848〜1854)に倉田久八により再興されたのが再興安東である。古安東と異なる点は土が黒斑入りの鼠土で絵付も有節萬古風の盛絵であった。

再興安東と阿漕焼の境界は難しいのだが、明治初期の頃より安東焼と言わず窯の所在地である阿漕ヶ浦に近いことから阿漕焼と言うようになったと言われる。

 


Comments are closed.