W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

古萬古はうつくしい 5


kobanko5

古萬古 5 (江戸中期) 高さ17cm

 

青磁藍絵牛文銚子

 

これは図録には掲載されていません。

 

この写真の順番が古いとされているのかどうかも分かりません。

 

図録の参考文献を見てみると かなりの数量の文献があります。

 

私はこの写真は「萬古陶磁器振興会」発行の「四日市萬古焼史」1979年刊から引用しています。

 

四日市萬古焼史 のカラー写真のこの写真は 5番目です。

 

総体青磁で、胴の窓絵には曳牛の藍絵、蓋の一部には赤絵の更紗地紋があり、摘みは狛犬である。

以上が解説。

 

銚子というのだからお酒を注ぐ器でしょうね。

 

 

日に日に疑問符いっぱいの グランマ数馬です。

 

 

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です