W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

古萬古はうつくしい 6


kobanko6

古萬古 6 (江戸中期)

 

赤絵麒麟文花生 高さ29cm

 

 

この花生は、図録にはなし。

 

麒麟の図柄は、蘭書が読めるようになった江戸中期に、とうぞのインテリである有識者、文化人たちが眼にした日本にない動物として、関心が高かったのでしょう。

 

 

読み方としては

 

あかえきりんもんはないけ

 

ちょう のつくあやしさですね。

 

もっと文献をさがす必要があります!!

 

しかし 私ごときの花さばきでは、お花が負けそうです。

 

焦ってはいけないよと自戒しているグランマ数馬でした。

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です