W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

地元の誇りを感じてくれたら


朝晩が寒さを感じるようになりました。

 

11月も進み秋の終わりですね。

 

この秋、なんの秋だったかな???

 

今日は 午後よりばんこの里勤務です。

 

広い事務所に一人で座っていますと、時折

 

「こんにちは~」

 

「はあ~い、いらっしゃいませ~」

 

嬉しいですね。

 

金曜日にお客様がいらしてくださるのはとっても嬉しいです。

 

おおよその人が

 

「あの~このスタンプを~」

 

と、スタンプラリーの用紙を手にしています。

 

「2階のショップのカウンターで、スタンプ捺していただいてます。」

 

というお返事をいたします。

 

今日は、スタンプラリーさんとは別のお問い合わせが・・・・・

 

「あの~こども陶芸の作品を~~」

 

「こども陶芸の作品を受け取りに来ました。」

 

お子さん連れのお母さんが、数人、ドアからお顔を覗かせました。

 

陶芸工房のスタッフにつなぐのですが、はてさてどのような傑作が???

 

覘いてみました。

 

 

 

お名前が置いてあり、作品をじっくり眺めさせていただいたわけではありません。

学年別に置かれてあったのは、判別しやすいからだろうと思っていますが、

器ですと、年齢にはあまり差がないような・・・・・

とても、楽しそうな雰囲気が器たちから漂ってきました。

作っているとき この子たちはどんな表情をしていたのだろうか?

焼きあがった作品を見ながら、想像を遊ばせました。

ばんこの里会館近隣の子供たちだと思いますが、

この地で当たり前のように陶芸体験をしていますが、

触った土の感触をきっと身体で覚えてくれているはずです。

たくさんのこどもたちの作品を前にして、このような陶磁器の産地が地元だということを、

誇りに思ってくれると嬉しいなあ、と思った次第です。

ばんこグランマ 数馬


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です