W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

展示室はリニューアル!


3月25日(木)15時から、森智広四日市市長、萬古陶磁器振興協同組合連合会顧問の市議会議員 笹岡先生、村山先生、三重県工業技術センター窯業研究室の西村室長をご来賓にお迎えし、展示室リニューアルのテープカットが行われました。

たくさんの方々のご支援をいただきました。

テープカットの後、内覧会。

皆様に見ていただきました。

この写真の一番手前は「古萬古」です。

左奥のケースには、「有節萬古」。

大正焼、海外向けに作られた動物もの。

型萬古と、それを作るための型。

戦時下で、金属が不足していた時の代用陶器類・・・

そして萬古焼年表も展示。

すべて、英文併記いたしました。

萬古焼を知りたい方のお役に立てることを願っています。

一般公開は、明日 3月27日(土)午前10時からです。

今朝の中日新聞にセレモニーと内覧会の記事が掲載されました。

ありがとうございます。


Comments are closed.