W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

 歴史を学ぶ グランマ数馬メモ15


お暑いですね。

 

 

 

何度でも申し上げます。

 

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

 

 

 

暑くても、負けぬほど、熱くなっていますグランマの萬古歴史・・・ドキドキラブラブ

 

 

 

続きます。 

地場産業としての発展

山中忠左衛門の困窮民救済の悲願と努力で

 

 

四日市に根を下ろした萬古焼は、

 

 

堀 友直、川村 又助らの優秀な企業家の出現によって

 

 

内需はもちろん、輸出も盛んになり、地場産業として定着した。

 

 

 

業界の一層の発展を期し、不当な競争を避け、

 

 

品質の向上を計って

 

 

萬古陶磁器商工組合が結成され、品評会も行われた。

 

 

明治20年の東海道線、2年後の関西鉄道の開通によって、

 

 

販路は広がり、隆盛となった。

 

]ばんこ焼の歴史は佳境に入ってまいりました。

 

現代が近づいてくると ワクワクが違った雰囲気になりますね。

ワクワク(^O^)


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です