W&S 100Bloger発掘プロジェクト
Skip to content

今だからこそ21 (七)各地の萬古関係諸窯


 大陶業地として、現在隆盛を極めている四日市萬古焼の歴史を詳述する前に、萬古と並び称せられた伊勢の諸窯、萬古の名を冠した他国の陶業を記す事とする。古くから伊勢の四窯と呼ばれているのは、萬古、安東、陳明、時中である。古萬古、古安東、に就いては既述したので、陳明、時中の二窯について先ず語ろう。

「陳明焼」

 「陳明焼」は多気郡斎宮村大字金剛坂(現明和町金剛坂)に生まれた森島陳明が作り出したものである。地侍の森島家の四代嘉平陳明は、鳳文章、応古、程斉等の号をもった篆刻家であった。彼は多芸の人で、和、漢の学に通じ、書画、句作に巧みで華道の蘊蓄も深かったという。作陶は、低火度焼成の茶器、置物の類であった。

 遺品は極めて少なく、珍重されて居る。

文政十三年八月行年七十七歳で歿す。彼の辞世として

一、日の本に生まれて終わる今更ば高天原に宿り申さん、

一、月一つ 浮世の空に、置きみやげ

一、程身生不識其前今日存三知厥先 人生幾何一夢我常殺終郷天

の三種が伝えられており、彼の教養を窺わせる。

「時中焼」(ときなかやき)

時中焼は、時中萬古とも云われるもので、和泥斉時中寸丈が、松阪市垣鼻に創始したものである。時中焼も軟陶であり、陳明焼同様、茶器置物類(挿絵U)で遺品は稀である。国学者本居宣長の日記のなかに出てくる和泥斉寸丈とは、阿波焼の陶工丈七のことである。

阿波藩12代蜂須賀重喜公が、裏千家一燈宗室を招いて、お庭焼の茶器を焼いた。一燈に同道してこぼ阿波焼を始めたのだが丈七であった。この丈七が阿波から伊勢松阪に移って時中焼を作ったと云う以外詳しい記録が無い。文化、文政頃と推定される。

 次に萬古の名を 冠した陶業として次の諸窯が知られて居る。

「美濃萬古」

温故焼又は赤坂焼、御勝山焼とも言われる。清水平七(温故)が、美濃赤坂に安政六年に開窯したものが主なものである。彼は森有節の影響を受けて居る。彼はそれより前、今尾藩竹腰公のお庭焼に、瀬戸の春岱と共に従事しており、この魁翠園の品も萬古風である。平七明治二十九年歿後は弟勇助(号石僊)河野忠治(号大雅)らが業を継承した。のち石僊は伊勢二見ヶ浦で能舞技楽面の根付けを焼いていた。

「下野萬古」

栃木県足利郡樺崎村において明治初年橋本忠平が製作したものである。忠平は初代有節に就いて陶方を学び、帰村後村内の土質が萬古に似ているので業を始めた。しかし遂に伊勢萬古に及ばなかった。

「岩代萬古」

福島県二本松市に於いて嘉永、安政の頃、山下春吉が創始し、明治維新以来渡辺安明が従事した。明治以来萬焼の法を伝えた。明治二十年代廃絶。作品に「双松雲渓」「新月軒」の銘あり。

「秋田萬古」

秋田県南秋田郡保戸野愛宕町の焼き物。佐伯孫三郎が同地の赤土、粘土、青土を使って創始したもので萬古焼に類したものであった。明治五年福島県二本松の陶工村田鉄之助を招き、桑名に派遣して萬古焼の製法を習得させ、有節風秋田萬古を製陶した。これに士族の子弟五十余名が就業していた。磁気をも試みたが失敗、遂に業を閉じた。

「旭焼」

伊勢市で朝日奈為之丞が明治中期開窯したもの。

「神路焼」

伊勢市の倉田山で作られたもので、神山宇之助創始。

「小山焼」

多気郡相可町附近の小山村で幕末に土屋政吉(光川亭仙馬と号酢)が焼いたもので、染付けものである

 

次回は四日市萬古焼の項です。


Comments are closed.